人気ブログランキング |

ミャンマー人の嫁を探して

bonoxylove.exblog.jp
ブログトップ
2018年 07月 10日

MY035さんとK市を散策してきました。

b0355085_15274123.jpg
いよいよ帰国の日も近づいてきたということで、久しぶりにMY035さんにお会いしてきました。日本に来る前は京都、奈良、大阪、東京、鎌倉に行きたいという壮大な計画を立てていたMY035さんでしたが、休日が減ったこともあって、結局、どこへも行けずじまい。先週出張で東京へ行った際は自由時間もたっぷりあったのですが、生憎、炎天下を歩き回っていたおかげで頭痛を発症し、ずっとホテルで寝ていたのだとか。ミャンマー人最大のあこがれの地・鎌倉が目と鼻の先にあったのに気の毒に……。

この日も仕事で疲れて遠出したくないというので、近くのK市で待ち合わせ……と言っても日曜日だというのに飲食店が閉まっているような田舎町で、何があるのかと思っていたのですが、Google Mapで調べると、駅から歩いて20分ほどのところに城跡に作った公園があったので、そこへ行くことに。途中、MY035さんは「まだですか?」を連発していましたが、相変わらず体力がありません(苦笑)。

件の公園はかつて二人で行ったヤンゴンのカンドーヂ公園のようで、それを彼女に話すと、「でも日本はどこへ行っても静かです」と言いました。なんでもミャンマーでは女性が歩いていると必ず男性が卑猥な声を浴びせてくるらしく、日本はそんなことはないので生活はとても快適なのだとか。公園内に神社があったので「行ってみましょう」と言うと、「いや、神社は仏教徒の私に関係ない。何もない」という返事。たしかに熱田神宮に行った時も退屈そうにしていましたものね(苦笑)。けれども鳥居がたくさん並んでいるところへ行くと、先ほどの発言はどこへやら、熱心に写真をパシャパシャ撮っていました。伏見稲荷が外国人に大人気なのを見ればわかるとおり、鳥居がたくさん並んでいるところは外国人に受けるんですよね。その後、公園のブランコに乗ってまた写真をパシャパシャ。なんでもミャンマーにはブランコがないそうで、そう言われると、たしかに私も見たことがありません。

その後、近くの長良川へ。ネットで洪水のニュースを見ていたので、最初、彼女は「危ない」と言って行きたがらなかったですが、「ここは大丈夫」と言うと、ようやく河原に出てきました。空は真っ青で綺麗だったのですが、川の水は茶色く濁っていて、さしもの写真好きの彼女もあまりそそられなかったのか、携帯をバッグにしまって、ぼっーと風景を眺めていました。21日、22日は部屋の掃除があるので、来週の15日(日)が実質最後の休みになるので、「どこかへ行きますか?」と尋ねると、「どうしようかなー」という生返事。どうやら仕事で疲れると家でゆっくり休みたい性質のようで、私も「あ、これはどこへも行かないな」と確信。が、せめて明治村くらいには連れていってやりたいとは思っているので、また後日尋ねます。

その後、商店街のスイーツの店でパフェを食べ、駅へ戻って、別れました。なんだか行くところがあまりないミャンマーのデートのようで、ほっこりしました。101.png

【追記】

度重なる接待がついに実を結び103.png、この度ようやく正式登録してくれました。
HPの情報を更新し、彼女が答えたアンケートを掲載しているので、よろしければご一読ください。


■ミャンマー人との結婚をお手伝いする会社■
HP:国際文化交流One

読み終わったらクイックお願いします↓


にほんブログ村


にほんブログ


by bonoxylove | 2018-07-10 16:23 | 国際結婚関連 | Comments(0)


<< MY035さん帰国      モンスター消費者 >>