人気ブログランキング |

ミャンマー人の嫁を探して

bonoxylove.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 17日

MY035さんと名古屋観光してきました。



ミンガラバー。まだお腹の中にプラスチック製の機器がありますが、ようやく退院しました。ということで入院前に一時的に日本に滞在しているMY035さんと一緒に行った名古屋観光のレポート。

彼女は隣県に住んでいるのですが、まだ一人で名古屋に来るのは難しいかなと思って、彼女のアパートまで迎えに行きました。彼女の部屋は家具一式揃っていてとても綺麗。同じ会社員として来日しながら真冬に家具も何もないタコ部屋に放り込まれたMY005さんとはえらい違いです。仮に私や弊社が彼女に紹介した交際中の男性の手助けがなかったら、MY005さんは健康を害して冬を越せなかったかもしれません。ASEANの人々の経済力で日本で家具を揃えるのは無理なのだということを関係者の方々は心していただきたいです。

わざわざ彼女を迎えに行ったのですが、既に彼女は仕事で一人で名古屋に行ったことがあるらしく、若干迷いながらもなんとか電車を乗りこなしていました。彼女の仕事に関しては色々面白い話を聞いたのですが、ここに書くと差し障りがありまくりなので省略119.png さしずめバカボン一家やおそ松さん一家に巻き込まれた真人間といった風情で、とても苦労しているようです。可哀想に。

まず名古屋城へ行きました。名古屋城は二日後に再建工事のために天守閣が閉鎖になるということで、いつにも増して人だかりの山。天守閣への入場は二時間待ちということで早々に諦め、お城をバックに写真撮影に切り替えました。彼女は自撮り棒を使ってそれはそれは熱心に写真を撮っていました。Facebookにいつも綺麗なスナップ写真を載せているんですが、こんな秘密があったんですねー。が、鎧兜を着たおじさんたちと一緒に写真を撮ろうとした時、ちょっとした事件が。最初、おじさんたちを両端に私と彼女が並んでいたのですが、彼女は立ち位置を変え、私との間におじさんを一人を挟む格好で右端に立って写真に収まりました。おじさんたちは不思議そうな顔をしていましたが、私には事情がわかります。「男女七歳にして席を同じゅうせず」ではありませんが、未婚の女性が男性と一緒に写真に写るのははしたないと考えて、それを避けたのです。さすがにここまで厳格なミャンマー人女性にはお目にかかったことがないのですが、どうやら彼女はそういうタイプの女性のようです。119.png

次にオアシス21へ。彼女はオアシスの未来的なデザインにえらく感動して、ここでも私そっちのけにテレビ塔をバックに写真をパシャパシャ撮っていました。その後、ラーメンが大好きということで、近くの藤一番へ。豚骨ラーメンが好きということでそれを注文しました。やたら肉の大きさを気にしていたのですが、出てきたラーメンは厚切りの焼豚が三枚乗っていて非常に満足した様子。ヤンゴンにもラーメン屋がたくさんあるのですが、やはり本場に比べれば味は落ちるとのこと。ちなみに前に勤めていた会社は毎晩上司が日本食を奢ってくれた超ホワイト企業だったそうで、辞めたのをちょっと後悔しているそうです103.png

食後、歩いて大須商店街へ。途中アップルストアがあったのですが、彼女は興味を示さず、さらにGAPがあったので入ってみました。店はバーゲンをやっていたのですが、感想を聞いてみると、「デザインはいいけど、ちょっと高い……」とのことでした。商店街を散策して、大須観音もお参り。その後、熱田神宮へ行き、さらに時間が余ったので名古屋大仏にも行きました。

その後、覚王山にあるスタバへ。昨日生まれて初めてバスケットボールをやり、今日は一日中歩いたということで彼女は足が棒になったようです。このへんはヤンゴンのカンドーヂ湖を散策した時と一緒ですね。ミャンマー人は精神的・労働的体力はあるのですが、こと話しが運動に及ぶとかなりの軟弱者です104.png 彼女には東京、京都、奈良、大阪に連れて行ってほしいと言われていて、その話をしようと思っていたのですが、彼女は写真の整理に忙しく、聞く耳を持ってくれませんでした。もちろん、正式登録の話もしていません。こういう性格の女性なので、慎重に物事を進めなければならず、日本滞在中になんとか説得しようと思っています。

19日にはお見合いを申し込まれたMY036さんに、20日にまたMY035さんに会う予定です。

■ミャンマー人との結婚をお手伝いする会社■
HP:国際文化交流One


読み終わったらクイックお願いします↓


にほんブログ村


にほんブログ


by bonoxylove | 2018-05-17 20:47 | 国際結婚関連 | Comments(0)


<< MY036さんとお見合いの打ち...      ミャンマー人女性があまりにも金... >>