人気ブログランキング |

ミャンマー人の嫁を探して

bonoxylove.exblog.jp
ブログトップ
2017年 04月 18日

ミャンマー人女性を花見に連れて行きました。

b0355085_05542797.jpg
いささか旧聞に属する話ですが、名古屋で友達付き合いしているミャンマー人女性を花見に連れて行きました。
場所は名古屋の花見の名所・山崎川――本当はJさんOさんの二人を連れていくつもりだったのですが、地下鉄に乗車する直前、Jさんから「Oさんはバイトで疲れて眠りたいと言っているので行けない」というメールが入り、結局、Jさんだけと行くことに。後で聞いたのですが、Oさんは夕方から深夜に及ぶバイトを毎日入れていて、休日が一日もない状態とのこと。そんな働き方をしていると体を壊すから仕事の量を減らせと私が何度も言っても、「大丈夫です」と聞き入れてくれません。一ケ月ほど前には、季節の変わり目だからか二人とも熱を出して、薬を持って行ったことがあり、その時も「バイトは休みなさい」と言ったのですが、二人とも言うことを聞かずにフラフラの体でバイトに出かけていきました。JさんもOさんも「職場の上司がとても親切だから休むのは悪い」と言って、さいさいと過酷なアルバイトに精を出していますが、私に言わせれば件の上司に乗せられているだけです。大金を払って日本にまで来て、アパートと学校とバイト先の往復ではあまりにも気の毒……。

が、そんなことを言っても彼女が気を悪くするだけなので、結局、黙っておいて、Jさんを山崎川に連れていきました。「毎日、家と学校とバイトを行ったり来たりで……」と日本語を勉強して1年になってもまだカタコトの日本語で語ったように、Jさんにとってはほぼ二か月ぶりの外出だったらしく、それだけで満面の笑みを浮かべて楽しそう。そして満開の桜並木を見て、「はぁー」と大きな溜息を吐いて、あちこちで写真をパシャパシャ撮っていました。桜を見せただけで、これだけ楽しんでくれれば、おっさん冥利に尽きます。

桜を楽しんだ後は、和食のレストランに入って、少し遅めのランチ。彼女は鶏の唐揚げ定食を頼みましたが、相変わらず緑茶にも味噌汁にも手を付けず、ご飯も口にせず、ひたすら唐揚げだけ食べていました。この偏食ぶりにはほとほとまいります(まあ、日本で生活しているいるミャンマー人は段々日本食にも慣れていくようですが)。食べながら色々世間話。バイト先には外国人がたくさんいるけど、フィリピン人はあまり好きではないこと、ネパール人の男性はナンパで女性を見ると誰にでも声をかけ、職場の上司も手を焼いていること……。

の食後はスーパーを少し散策。彼女は300円ショップで自分の教科書を入れる箱を探していました。帰り際、スーパーの出入り口にゆうちょのATMがあったので、彼女に使い方を教えてやりました。日本語ヴァージョンで教えたのですが、二回やってみせると、自分でできるようになりました……が、駅へ送った後、突然、彼女は何かを思い出したように、「駅にATMはありませんか?」と尋ねてきました。ないよ、と答えると、とても困った顔になって、やがて思い立ったように財布を開け、六万円を私に差し出しました。これは? と尋ねると、ゆうちょのATMで彼女の友だちに送金して欲しいとのこと。さっきやり方教えたじゃんないかと言うと、「まだ自信がない」という返事。仕方がないので、家に帰った後、郵便局に行って送金するよ、と答えました。そして彼女と別れて、言ったとおりに送金した直後、彼女から電話が入り、「ちゃんと送ってくれましたか? レシートを見せてくれませんか?」と泣きそうな声で言ってきました。私を信用していないわけじゃないのでしょうけど、彼女にとってはかなりの大金なので心配になったのでしょう。私がMessengerでレシートの写真を送ってやると、しばらくして「ありがとうございました101.png」という返事が来ました。

そんな日でした。


■ミャンマー人との結婚をお手伝いする会社■
国際文化交流One


読み終わったらクイックお願いします↓


にほんブログ村


にほんブログ



by bonoxylove | 2017-04-18 17:52 | 国際結婚関連 | Comments(0)


<< 若いミャンマー人女性の恋愛相談...      若いミャンマー人女性の恋愛相談... >>